スバル 期間従業員(期間工)求人サイト

スバル工場のワンデイスケジュール スバル工場のワンデイスケジュール

オンもオフもメリハリつけて。 2交替、3交替勤務の1日の仕事と生活例を紹介!

スバルの自動車工場でクルマ作りに携わる期間従業員(期間工)の1日のスケジュールの中身とは?主なシフトとして早番・遅番の2交替制と、早番・遅番・夜勤の3交替制の2つがあるスバルの工場について、出勤から退勤までの1日のスケジュールをご紹介。さらに期間従業員(期間工)で活躍する先輩に2交替制と3交替制のそれぞれのメリットを教えてもらいました。ぜひ、参考にしてみてください。

基本シフト

基本シフト表 基本シフト表

2交代制

早番と遅番でシフトを構成

3交代制

早番と遅番、夜勤でシフトを構成

case1case1早番の場合(残業1.5Hありの場合)

5:00
起床。目覚めたらすぐに支度。寮の場合は、バスの出発時間に間に合うように準備をする。 工場の制服に着替えて出発。
6:00
出社。始業まではまだ十分時間があるので、職場の休憩コーナーで朝食を食べたり、早番の先輩や同僚と一緒に話をしながら、徐々に仕事モードに。
6:30
ウォーミングアップの体操をしたら、担当をするラインに向かい、作業開始。指示書に目を通し、プレス、塗装、溶接、車体組立、エンジン・トランスミッションなど、それぞれの担当業務に集中して取り組む。
8:40
休憩。ドリンクを飲んだり、喫煙室で一服したり。気持ちの切り替え。
8:50
業務開始。再び集中して、担当する部品や工程に責任をもって取り組む。
10:30
食事休憩。先輩や同僚と一緒に従業員食堂へ。そばやうどんなどの麺類単品だと150円くらいから。定食も500円でおつりが来る値段。ボリュームもあって栄養価も高い。食事の時間は楽しみの一つ。
11:15
業務開始。食事のあとの業務は、気持ちがゆるむこともあるので、指示書の内容を声に出しながら業務に臨むこともある。
12:55
休憩。ドリンクタイム。工場は、室内温度が高くなることも多いので、水分補給はしっかりと。
13:03
業務開始。気合を入れてもうひと頑張り。的確かつ丁寧に、効率よく仕事を進めていく。
14:37
休憩。本日最後のエネルギー補充タイム。英気を養って次の業務に臨む。
14:45
業務開始。この時間帯を終えたら、本日の業務は終了するので、集中を切らさないように注意する。
16:45
業務終了。本日の業務連絡を行って、工場から寮に向かう専用バスに乗って帰寮。自宅から通勤している人は、近くの駐車場から車で自宅へ。お疲れ様でした!

case2case2遅番の場合(残業1Hありの場合)

13:00
起床。少しゆとりがある場合は、簡単にお風呂に入ってから支度をすることも。準備を整えたら専用バスに乗り込み、工場へ出勤。
15:40
工場に到着。休憩室で先輩や同僚とコミュニケーション。仕事前のリラックスする時間帯。
16:45
作業に入る前に遅番で出勤してきた作業員でウォーミングアップ体操。早番のメンバーからの引き継ぎや業務連絡など、班のミーティングを行って担当ラインに向かい業務スタート。遅番の場合は、早番に比べると、起床から体を動かすまでにゆとりがある分、業務モードに入りやすい
18:55
休憩。ドリンクタイム。この時間での仲間たちとのちょっとしたおしゃべりが大切。
19:10
業務開始。この時間を乗り越えると食事休憩になるので、集中して業務に取り組む。
20:45
食事休憩。夕食なので、定食を選ぶことが多い。しっかり食べて、これからの業務に備える。
21:30
業務開始。栄養も摂ったので、改めて集中して業務に臨む。自らの業務スピードと正確性をきちんと確認しながら、丁寧に仕事を進めていくことが大切。
23:10
休憩。ドリンクタイム。この時間を乗り越えると、頭もすっきりしてくる。もうひと踏ん張り。
23:20
業務開始。本日の業務もこの時間が最後の時間帯。しっかりと集中して担当業務をこなしていく。自分が任されている仕事の進み具合が順調だと、とても気持ちがいい。プレス、塗装、溶接、車体組立、エンジン・トランスミッションなど、工程に関わらず、仕事が終わった後は充実感・達成感がある。
26:30
業務終了。工場から専用バスに乗って、帰寮。自宅通勤の人は、自転車や自動車、徒歩などで帰宅。本工場から近い太田駅の駅前は、夜遅くても食事をできるところが多く、一日の締めにラーメンを食べて帰る人も。

case3case3夜勤の場合

17:00
夜勤に備えて、ゆっくりとした時間に起床。それでも出社までには余裕があるので、買い物など、 外出する時もある。軽食をとって、出発に備える。
21:10
寮の場合は、専用バスに乗り込んで、工場に向かう。夜の工場もラインが動いているので活気がある。休憩室で仲間と談笑。
21:45
始業前の体操のあと、遅番のメンバーとも合流し、当日の状況も確認。業務スタート。
23:25
夜勤で、1回目の休憩。自動販売機でドリンクを購入し、しっかりと水分を補給。
23:35
業務開始。日付が変わる時間になると、頭も冴えてくる。この時間を集中して仕事に取り組んでいると、気がついたら、食事休憩の合図になるということも。
0:50
食事休憩。休憩コーナーで軽食をとりながら同僚と談笑。気分もリフレッシュ!
1:35
業務開始。遅番のメンバーが退勤する時間にもなるので、工場内の通路など、移動の際には注意が必要。業務に集中するように意識を高める。
3:05
2回目の休憩。ドリンクを飲みながら、次の休日の過ごし方を、仲間と相談。
3:15
業務開始。明け方近い時間帯になると、集中力も途切れがちになるので、声をかけ合いながら仕事を進める。
4:05
休憩。次の時間帯を乗り切ったら業務終了。気持ちを切り替えて、仕事に臨む。
4:15
業務開始。夜が明け始める時間は、気温が下がるせいか身も引き締まる感じがする。本日最後の時間帯を集中して業務に取り組んでいく。
6:30
業務終了。早番のメンバーに業務を引き継ぎ、退勤。寮の場合は専用バスに乗り込んで帰寮。自宅通勤の人は、それぞれの交通手段で帰宅。仕事を終えた後の、太陽の光が心地いい!

2交替制 先輩が語る「ここが2交替制のメリット」

平日の昼間の時間を、有効に使える(組立加工担当)

2交替制の場合は、早番と遅番で、1週間交替です。遅番の勤務終了時間は夜中の1時30分。寮生活の場合だと寮に帰ったらすぐに寝てしまうので、翌朝10時か11時には目が覚めます。すると、次の勤務が始まる午後の3時過ぎまでが自由時間になる。昼間に自分の時間が持てるのは、ちょっと得した気分です。また、早番の時は終了が15時15分なので、夜の時間がたっぷり。睡眠時間を確保しながら、勤務日にも自由時間が持てる。オンとオフのメリハリをつけやすいので、慣れると快適な働き方です。残業時間も事前に明確に決まっているので、プライベートな予定も立てやすいのは魅力的です。

3交替制 先輩が語る「ここが3交代制のメリット」

早番では残業でしっかり稼ぎ、遅番、夜勤は時間通りに退勤できる!(フォークリフトのオペレーター)

フォークリフトのオペレーターの場合は、早番、遅番、夜勤、3種類のシフトで勤務することが多いです。3交替の場合は、「夜勤」があるので、最初は生活のリズムをつくるのが大変ですが、続けていれば、自然と体が慣れてきます。夜明けの空気って気持ちいいんですよね。太陽の優しい日差しも好きです。交替制の場合は、業務の内容や状況を共有する、“引き継ぎ”が大切。早番の時は遅番のメンバーに、遅番の時は夜勤のメンバーに、そして夜勤の時は早番のメンバーに引き継ぎをして、業務が円滑に進められるように意識しています。3交替制勤務の最大のメリットは、遅番と夜勤に残業がないこと。早番では残業が予定されますが、遅番と夜勤では残業がないので体力の配分もできて安心です。また、遅番、夜勤は夜勤手当等も充実しているので、収入面でも大変満足しています。

TOP